AGA治療薬のおすすめは?

AGAは20代から30代にかけての若い男性や40代に入った男性に多い薄毛で、男性型脱毛症と呼ばれている男性に症状が現れる薄毛になります。
AGAには額の生え際部分が少しずつ後退して薄くなるM字型と頭のてっぺんが丸い形になりながら薄くなるO字型の2つの種類が在るのが特徴です。

また、M字型とO字型は個人差により、両者が同時に起きる事も在れば、どちらか片方のみの場合も在ります。
尚、どちらの症状も強制脱毛ホルモンの作用が在るため、早めに治療を受ける事で薄毛の症状を克服させることが出来ます。

AGAの特効薬と言うのはプロペシアと呼ばれている医薬品で、専門クリニックでの治療の際に処方されるものです。
プロペシアは体内酵素の5α-還元酵素を阻害させる働きが在る医薬品で、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンと結びつかせない作用を持ちます。

AGAはこの体内酵素とテストステロンが結びつくと、DHTと言う強制脱毛ホルモンに変換されてしまい、成長期に入っている毛髪に対して、休止期や退行期と言ったサイクルに入る指令を送る性質が在るため、長く伸びる前に髪の毛が抜けてしまうと言うのがAGAの特徴です。

強制脱毛ホルモンは、薄毛の症状を持つ頭皮に多く分布されているとも言われており、プロペシアを服用することで体内酵素でもある5α-還元酵素を阻害し、強制脱毛ホルモンに変換されなくなるため、ヘアサイクルを正常な状態に導く作用を持ちます。

また、プロペシアを服用することで毛周期が正しくなるため、発毛の期待が可能になるなど、AGAの特効薬でもあるのです。

尚、プロペシアは発毛に対する作用は在りますが、育毛に対する作用が薄いため、ミノキシジルを併用することで発毛と育毛の両面で薄毛治療を行う事が出来ます。