AGA治療はリアッププラスと頭皮環境

AGA治療に欠かせない医薬品は2つあります。ひとつはプロペシアです。この医薬品はAGAの直接的な原因となる脱毛を施す男性ホルモンの産生を抑える効果があり、必ずといっていいほど処方される医薬品です。これはクリニックでなければ処方されず、薬局では購入できません。もうひとつの医薬品はミノキシジルです。プロペシアが抜け毛防止や育毛効果を施すタイプになる一方、ミノキシジルは発毛を促進させます。リアッププラスが代表的な日本で購入できる医薬品です。この医薬品は薬局でも購入できますので、頭皮が透けている場合は、購入し発毛を施すとよいでしょう。

ただリアッププラスの効果を最大限に引き出したいのであれば、使い方を工夫することをおすすめします。リアッププラスはプロペシアのように服用するタイプの医薬品ではなく、頭皮に塗布するタイプの医薬品です。頭皮の状態を良くしておくと、それだけ医薬品が浸透しますので、まずは環境を良くすることをおすすめします。最近はスカルプケア製品が数多く出ていますので、それらの製品を使うとよいでしょう。頭皮に詰まった余分な皮脂だけを取り除くのではなく、必要な皮脂を残して、汚れを洗い落とし、頭皮を正常の状態に戻す製品もあります。

特にAGAになるような男性は、皮脂が多いことでトラブルを抱える人が多いです。頭に湿疹が出ることが多いとされています。これは余計な脂が出ることで、それを好む常駐しているカビの一種である真菌が増えることでトラブルを生みます。このようなトラブルも防いでくれますので、AGAの男性で湿疹に悩んでいるのであれば、早急に対応をすることをおすすめします。医薬品だけではなく、総合的にAGA治療を行うようにしましょう。