アーカイブ | 11月 2016

  • AGAに効く薬名プロペシア使用で高校生のような毛量

    高校生の頃はどちらかというと、髪の毛の量が多すぎて、毎朝セットするのが面倒だと感じていたけれど、今ではかなり少なくなり、セット時間も短くなったという方もあるでしょうね。 20代や30代のような若い年齢であっても、抜け毛が増えてくると、驚くような速さで薄くなっていきますから、頭頂部やおでこの毛の量が減ってきたと感じたら、早めに薬を使って対処するようにしましょう。 AGAに効く薬名はプロペシアなので、薄毛にお悩みの方は、それを使って、高校生のときのような毛量に戻すようにしてください。 なぜ髪の毛が薄くなるのかというと、5αリダクターゼという酵素が、DHTという男性ホルモンを生成するためですが、一度このような脱毛スイッチが入ると止まらなくなり、どんどん抜けやすくなっていきます。 頭皮に必要な血液や栄養が足りなくなり、発毛しにくい状態になりますが、プロペシアにはDHTを生成しないように、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。 他にも、ミノキシジルという薬名の薬を使えば、血管拡張効果がありますから、髪の毛が生えてきやすい環境が整います。 プロペシアとミノキシジルの両方の薬を併用した方が、効果があると考えられているので、薄毛を改善したいときは試してみてください。 使い始めたらすぐに毛量が増加し、高校生の頃のようにふさふさになるわけではないですが、3ヶ月~半年ほど使えば、抜け毛が減り、太くてしっかりとした髪の毛が生えて来るのを実感できるようになります。 AGA治療は短期間では終わらないので、一度始めたら根気よく続ける必要がありますが、毛量が増えると、若々しく見られるようになり、自分に自信を持てるようにもなるので、途中でやめないことが大切です。