アーカイブ | 9月 2016

  • 分け目が薄いAGAは医薬品で治療を成功できる

    分け目が薄くなってきていることが気になっている場合には、薄毛対策を行うことがおすすめです。 分け目の薄毛が目立つようになっているときに、考えるべき薄毛の原因の1つとしてAGAが挙げられます。 AGAという症状は、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素と結合することで、脱毛作用を引き起こすとされているDHTに変換されます。 DHTが生成されてしまうことが薄毛の原因となりますので、このDHTの生成を阻害できるフィナステリドという成分が含まれている医薬品が対策法として有効性が高いと考えられています。 フィナステリドが配合されている医薬品としては、プロペシアが知られており、プロペシアの服用を行うことで薄毛治療に成功しているという事例があります。 フィナステリドには男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することを阻害できますので、発毛を促進させる医薬品というよりも、抜け毛を予防するためのAGA治療薬となります。 プロペシアの処方は専門のクリニックなどで受けることが可能で、厚生労働省の認可を得ています。 厚生労働省がAGA治療に有効であると認可を与えている医薬品に、ミノキシジルもあります。 ミノキシジルは血行を促進させる作用があることから、発毛効果を引き上げるために役立つと考えられています。 プロペシアとミノキシジルは併用が可能ですので、両者を使用することで薄毛治療を行えます。 プロペシアは医療機関でしか入手することができず、ドラッグストアなどで販売は行われていませんが、ミノキシジルについては配合されている育毛剤が市販されていますので、入手しやすいものとして知られています。 プロペシアは内服タイプの医薬品で、半年間ほどの期間において継続的に服用をすることで薄毛治療に成功すると言われています。 ミノキシジルは塗布タイプの医薬品ですので、直接的に患部に塗ることで効果を発揮します。