アーカイブ | 6月 2016

  • AGA治療薬のおすすめは?

    AGAは20代から30代にかけての若い男性や40代に入った男性に多い薄毛で、男性型脱毛症と呼ばれている男性に症状が現れる薄毛になります。 AGAには額の生え際部分が少しずつ後退して薄くなるM字型と頭のてっぺんが丸い形になりながら薄くなるO字型の2つの種類が在るのが特徴です。 また、M字型とO字型は個人差により、両者が同時に起きる事も在れば、どちらか片方のみの場合も在ります。 尚、どちらの症状も強制脱毛ホルモンの作用が在るため、早めに治療を受ける事で薄毛の症状を克服させることが出来ます。 AGAの特効薬と言うのはプロペシアと呼ばれている医薬品で、専門クリニックでの治療の際に処方されるものです。 プロペシアは体内酵素の5α-還元酵素を阻害させる働きが在る医薬品で、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンと結びつかせない作用を持ちます。 AGAはこの体内酵素とテストステロンが結びつくと、DHTと言う強制脱毛ホルモンに変換されてしまい、成長期に入っている毛髪に対して、休止期や退行期と言ったサイクルに入る指令を送る性質が在るため、長く伸びる前に髪の毛が抜けてしまうと言うのがAGAの特徴です。 強制脱毛ホルモンは、薄毛の症状を持つ頭皮に多く分布されているとも言われており、プロペシアを服用することで体内酵素でもある5α-還元酵素を阻害し、強制脱毛ホルモンに変換されなくなるため、ヘアサイクルを正常な状態に導く作用を持ちます。 また、プロペシアを服用することで毛周期が正しくなるため、発毛の期待が可能になるなど、AGAの特効薬でもあるのです。 尚、プロペシアは発毛に対する作用は在りますが、育毛に対する作用が薄いため、ミノキシジルを併用することで発毛と育毛の両面で薄毛治療を行う事が出来ます。
  • AGAの基準について

    AGAであるかどうかの判定基準は、ちゃんと存在します。 おでこの生え際が頭頂線より前に二センチメートルずらした線よりも後ろにある状態が、AGAであるとされています。 頭頂線は、頭のてっぺんと両耳の上を繋げている線のことです。 頭頂線から二センチメートル前にずらしたところに引いた線よりも後ろにおでこやM字の部分が薄くなっている部分があるときに、AGAの症状であると診断されることになります。 ここまで進行すると客観的に髪の毛が薄くなっている状態であることが分かってしまうような段階になります。 そのため、AGAであると診断される前の段階で育毛など何か手を打っておく必要があります。 AGAであると診断された状態からでも症状を改善させることはできますが、AGAであると診断される前に育毛をしておくと症状が改善しやすくなるからです。 また、日本人の場合は頭のてっぺんから髪の毛が薄くなる方もたくさんいます。 AGAであるかどうかの判定基準は西洋人であることを前提に定められた基準なため、日本人の判定基準は少し改良することが必要になります。 西洋人はおでこの生え際から髪の毛が薄くなっていくパターンがほとんどですが、日本人の場合は前髪がまだ生えていても頭のてっぺんから髪の毛が薄くなるパターンが少なくありません。 そこで日本人に合わせた判定基準として高島分類という判定基準が存在します。 日本のたくさんの皮膚科やAGA専門のクリニックなどの医療機関では、この高島分類という判定基準が採用されています。 髪の毛が薄くなる症状が進行していくのには一定の法則が存在して、日本人の場合は頭のてっぺんから髪の毛が薄くなるパターンがあるということになります。